国賀海岸(くにがかいがん)




日本海の激しい海食作用を受け、東西に約7kmにわたって、断崖・絶壁・洞窟 が続く、隠岐一と称される景観美を誇る。

昭和13年に国の名勝および天然記念物に指定された。昭和38年に大山隠岐国立公園に指定され、特別保護地区となっている。

高さが100m以上の豪快な断崖が点在していますが、中でも圧巻なのは『摩天崖(まてんがい)』です。巨大なナイフで垂直に切り取ったような高さ257mの大絶壁は海蝕崖では日本一の高さです。その頂上から下の海を見下ろすと身の縮むようなスケールを感じ取ることができます。

アーチ上の岩の架け橋『通天橋(つうてんきょう)』は海にせり出した巨大な岩石の中央部が海蝕作用によってえぐりあけられたもので、大自然の造形の妙を見せつけられます。

『明暗の岩窟(あけくれのいわや)』と呼ばれる洞窟は延長200mに及ぶ海のトンネルは、東洋一とされ、遊覧船にてこの洞窟に入ることが可能です。

他にも、天上界、竜宮城、乙姫御殿、観音岩などと名のついた名所が次々と展開され、自然の造形美に触れることができます。



【観光船・観光バスの問合せ先】
隠岐観光㈱
TEL:08514-6-0016

【URL】
参考リンクはこちら


戻る

.