何故?旨い?

隠岐の島の漁師が獲った松葉ガニ!
『隠岐松葉ガニ』『隠岐ガニ』とは?

"選りすぐり"の逸品を♪

松葉ガニ

皆さんご存知の冬の味覚の王様!松葉ガニ。この松葉ガニ漁のほとんどが隠岐の島近海でされています。まずは松葉ガニがなぜ美味しいのか?をご紹介します。

かにの水揚げ風景
かにの水揚げ風景

松葉ガニの種類はズワイガニで隠岐の島近海で11月~3月にかけて捕獲・水揚げされた物を松葉ガニと言います。

大陸から連なる火山帯の末端にあたり、豊かな森林を持つ隠岐の島々から豊富な栄養が流れ込みます。

天然の最高な漁礁が隠岐近海にはあり、かににとって贅沢すぎるほどの環境で質の良い魚介類を食べ、なおかつ乱獲防止・資源保護の為の禁漁期間でさらに成長する期間を与えられていることが甘味と濃厚な味を持つ松葉ガニをつくりだしているのです。

品質保証のタグ
品質保証のタグ

漁師が命懸けで獲ったかには港で選別され、厳しいチェックを受け、合格したものだけにタグと呼ばれる札が付きます。そして活きたまま、もしくは茹でた状態で冷凍処理されず流通するのが松葉ガニです。

これが「かにかご」
これが「かにかご」
数少ないかにかご漁師たちです
数少ないかにかご漁師たちです

隠岐の松葉ガニ松葉ガニを12月から2月までの限定期間、隠岐の島の漁師だけに許された独特の漁法かにかご漁で捕獲します。かにかご漁とは海の底に餌を入れたかごを沈め、かごに入ってくるかにを待つ原始的な漁法ですが、一般的な松葉ガニの漁法である底引き網漁法とは違い、活きたままの無傷のかにを水揚げできるという特徴があります。

松葉ガニ
活きたまま調理します。
活きたまま調理します

更に底引き網では捕獲の際にどうしても甲羅の中に砂が混じり、お楽しみの「かに味噌」の味を損ねますが、かにかご漁で獲った隠岐の松葉ガニにはほとんど砂が混じりません。また、捕獲の際に、ストレスが一切かかりませんので、その身の味わいも底引き漁のモノとは大きく異なります。

この隠岐松葉ガニの中でも特に甲羅が大きく最終脱皮が済んで特大のモノを我々は隠岐ガニと呼んでいる方もいます。この隠岐ガニ隠岐の松葉ガニの中で極上の逸品とされます。

松葉ガニは鮮度が命です。かにの生き腐れと云われるほど鮮度が落ちるのが早く、その本来の濃厚な味を楽しむには活きたまま調理をするのが一番。

活きたまま調理すると、その身が松葉の葉のようになるのが松葉ガニの由縁
活きたまま調理すると身が松葉の葉のようになるのが松葉ガニの由縁

隠岐の松葉ガニはかにかご漁師が皆様の為に命懸けで一匹・一匹大切に捕獲し水揚げした無傷で活きの良い最上級の松葉ガニです。

隠岐松葉ガニが食べられるお宿

島のひかりが彩なす海の宿 羽衣荘
お宿
島のひかりが彩なす海の宿 羽衣荘
お問合せ
電話:08512-6-3232

羽衣荘を予約する

隠岐松葉ガニが食べられる旅行プラン

隠岐のブランド蟹・タグ付き! 隠岐松葉ガニ会席・島後1泊2日
プラン名
隠岐のブランド蟹・タグ付き! 隠岐松葉ガニ会席・島後1泊2日
お問合せ
隠岐旅工舎 電話:08512-2-7100

隠岐松葉ガニ会席・
島後1泊2日プランを予約する

※隠岐旅工舎のサイトへ移動します。

隠岐松葉がにプラン
プラン名
隠岐松葉がにプラン
お問合せ
隠岐汽船(株) 電話:08512-2-1122

隠岐松葉がにプランを予約する
※隠岐汽船のサイトへ移動します。