八百杉

八百杉

    • 文化・歴史
    • 自然・風景
    • 隠岐の島町
隠岐3大杉の1つ。 樹齢は千数百年といわれ、国指定天然記念物に指定されています。
玉若酢命神社の参道をのぼり、神門をくぐった右側にある、樹高38m、根元の周囲約20mの県下一の杉の大木である。
その昔、若狭の国から人魚の肉を食べて老いることを知らない比丘尼(びくに)がやってきて、総社に参詣し、後々の形見にと杉の苗を植えた。
そして「800年たったらまたここに来よう」といったところから、八百比丘尼杉と呼ばれ、いつしか八百杉といわれるようになった。

基本情報

住所
島根県隠岐郡隠岐の島町中町目貫の二16
アクセス
西郷港より車で5分 玉若酢命神社 境内
  • 隠岐ジオパークのロゴ画像
  • unesco Global Geoparkのロゴ画像

このスポットは隠岐ジオパークのジオサイトです

このジオサイトについて新しいタブで開きます

マップ