焼火神社

焼火神社

    • 自然・風景
    • 文化・歴史
    • 西ノ島町
1732年改築の社殿は隠岐最古で、通殿・拝殿とともに国指定重要文化財です。
※焼火神社駐車場までの道路が、2021年8月豪雨により大型車は通行できません。なお、普通車は通行可能です。 隠岐への航海中、遭難しかけた後鳥羽上皇が御神火で導かれたと伝えられ、海上守護神として信仰を集めています。参道(登山道)は神域として守られてきた多様な植物群が楽しめます。

    基本情報

    住所
    島根県隠岐郡西ノ島町美田
    アクセス
    別府港より車で20分 駐車場より徒歩25分
    • 隠岐ジオパークのロゴ画像
    • unesco Global Geoparkのロゴ画像

    このスポットは隠岐ジオパークのジオサイトです

    このジオサイトについて新しいタブで開きます

    マップ