後鳥羽天皇御火葬塚

後鳥羽天皇御火葬塚

    • 文化・歴史
    • 海士町
島の人々に現在も大切にされている後鳥羽天皇の山稜
木々の緑と静けさに囲まれて佇む鳥居。 後鳥羽天皇が崩御された後、ご遺体はこの地で荼毘に付されました。 遺骨の大部分は今の御火葬塚に納められましたが、明治6年に明治天皇により大阪の水無瀬神宮に合祀されました。翌7年に祠殿は取り壊され、山陵はその後、第82代 後鳥羽天皇御火葬塚として、宮内庁で管理されています。

    基本情報

    アクセス
    菱浦港より自転車で15分
    • 隠岐ジオパークのロゴ画像
    • unesco Global Geoparkのロゴ画像

    このスポットは隠岐ジオパークのジオサイトです

    このジオサイトについて新しいタブで開きます

    マップ